姓名判断について

現在、姓名判断には様々な流派があり、鑑定方法もいろいろあります。大体以下のような方法で占います。

  1. 名前の画数から
  2. 名前の音、イメージ
  3. 漢字の意味

1がもっともポピュラーであり、字画と生年月日を組み合わせて占う流派がもっとも多いと思います。

また、画数で占う場合でもその画数の決め方が、旧字体なのか新字体なのかで違いますし、1字性・1字名の場合に仮数として1を加えるなど計算方法に違いがあります。

姓名判断は基本的に「天(運)格」「人(運)格」「地(運)格」「外(運)格」「総(運)格」の五運格で占います。数には霊が宿っているとされ、五運格の吉凶からその人の性格や運勢などを占います。

◆五運格の意味

天格
その家に課せられた運命や家柄
人格
中年期の運勢に影響し、意志や決断力などの性格
地格
幼年期から青年期に影響し、親子の信頼関係や健康状態
外格
その人の外観や対人関係や夫婦関係
総格
幸福感、金銭、健康、家庭環境、性格形成など総合的な運勢

◆格数の算出法

  • 総格:姓名の合計画数
  • 天格:姓の合計画数
  • 地格:名の合計画数
  • 人格:姓の最後の字と名の最初の字の合計画数
  • 外格:総格から人格を引いた画数
  • その他
    一字姓には上に1を足して、一字名には下に1を足す。総格では計算に入れない。

■運勢について・・・

あの人は「運が良い」とか、「運が悪い」などとよく言いますが、運・運勢というものはどのようなものでしょうか。

あるエリートサラリーマンが事故で亡くなったり、電車に飛び込んだが奇跡的に助かったりしている事実を見ると、やはり人間の力ではない何か特殊な力が働いていると考えてしまいます。
 また、生まれた環境、能力、地位、名誉、財力など、個人の力ではどうしようもないことがあります。

まず、生まれながらに持っているもの(例えば人種、両親、性など)を『宿命』といい、自分で変えることができるもの(例えば会社、住居など)を『運命』といいます。悪い運命を良い方向に変えることができるように努力することを『運勢を良くする』というわけです。

自然界には法則が働いていますが、人にもある法則が働いていると見るのが東洋の思想ですが、この法則性を利用して、少しでも運勢を良くしようというのが様々な占術です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *